お知らせ

臨床化学検査装置について

設備equipment

臨床化学検査装置

臨床科学検査装置とは?

臨床科学検査装置は血液生化学検査に用いられる検査機器になります。

血液は身体のすみずみまで巡っていますので、血液検査で血液中に含まれている成分を分析することで、全身の組織や臓器の状態がわかり、診断や治療の判定などに利用できます。
何かの事象により臓器が障害を受けて細胞が破壊されたとき、血液中に、その臓器特有の物質が流失します。
血液検査でその物質を分析し、健常時(基準値)と比較することで、様々な病気の診断や治療効果の確認などに用いられます。
血液検査の項目は多数あり、ひとつの検査項目だけで判断することはせず、各検査項目の特性を理解し、血液検査以外の各種検査を含め総合的に判断します。

検査項目

Na(ナトリウム)

高値:脱水
低値:循環障害、消化管障害

K(カリウム)

高値:腎障害、アジソン病
低値:腎障害、消化管障害

Cl(クロール)

高値:脱水
低値:循環障害、消化管障害

NH3(アンモニア)

高値:肝機能低下

TP(総蛋白)

高値:脱水、炎症
低値:肝不全、腸・腎からの喪失 門脈体循環シャント

ALB(栄養性蛋白)

高値:脱水
低値:肝不全、腸・腎からの喪失 門脈体循環シャント

AST/GOT

高値:肝障害、骨格筋障害、溶血性疾患

ALT/GPT

高値:肝障害

ALP

高値:肝胆系疾患、甲状腺機能亢進症、クッシング症候群、骨疾患、幼若

THOL(総コレステロール)

高値:甲状腺機能低下症、クッシング症候群、胆管閉塞、糖尿病、食後、犬種特異的
低値:肝不全、門脈体循環シャント

TG(中性脂肪)

高値:甲状腺機能低下症、クッシング症候群、糖尿病、食後、犬種特定的
低値:肝不全

GLU(血糖)

高値:糖尿病、ストレス、クッシング症候群
低値:インスリノーマ、アジソン病、肝不全、門脈体循環シャント

TBIL(総ビリルビン)

高値:肝胆道系疾患、溶血性疾患

GGT(ガンマグルタミントランスフェラーぜ)

高値:肝胆道系疾患

BUN(尿素窒素)

高値:腎疾患、消化管出血
低値:肝不全、アジソン病、門脈体循環シャント

Cre(クレアチニン)

高値:腎疾患

Ca(カルシウム)

高値:腫瘍、ビタミンD過剰、上皮小体機能亢進症
低値:ビタミンD欠乏症、腎不全、上皮小体機能低下症

IP(リン)

高値:腫瘍、腎疾患、上皮小体機能低下症
低値:腎疾患、上皮小体機能亢進症

CPK(クレアチニンホスホキナーゼ)

高値:組織内出血、筋障害、神経異常

LIP(リパーゼ)

高値:膵疾患など

CRP(C反応性蛋白)

炎症の有無を調べます

クロス動物医療センターグループ
https://camec-ks.jp

〒134-0081 東京都江戸川区北葛西3丁目5-12モア・ノーブル1階

診療時間 日・祝
9:00 - 12:00
12:00 - 16:00 手術
16:00 - 20:00

※土日祝は18:00まで

当院は予約優先制とさせて頂いております。
予約なしの患者様も可能な限り迅速に対応させて頂きますが、予約の患者様と重なってしまった場合、そちらが優先になってしまうことをご容赦下さい。
予約に関しては、お電話もしくはメールにて対応させて頂きますので、お気軽に予約制度をご活用下さい。

03-6808-4591

年中無休

診療時間 9:00〜12:00/16:00〜20:00

お支払い方法について

当院では診療前にあらかじめ費用についてもお話しするとともに、会計時にも料金の詳細項目についてご説明させていただき、飼い主様にご理解・ご納得いただけるよう徹底しております。

ご利用いただけるクレジットカード

ご利用いただけるクレジットカード

取り扱いペット保険

取り扱いペット保険

動物病院クチコミサイト カルーペットに当院が掲載されました。
ネット予約受付中
PAGE TOP