お知らせ

腫瘍科の検査について

クロスどうぶつがんセンターcross animal oncology center

腫瘍科の検査について

細胞診

無麻酔で動物への負担も少ない検査です。主に針を用いて細胞を採材します。
採取した細胞の形態によって種類や病変を推定・判断し、それをもとに病変の診断名を推定します。また、病変が腫瘍性の場合には診断に加えて、悪性度なども推定します。

骨髄吸引検査

骨髄吸引検査は骨の中にある骨髄組織をとる検査です。これは痛みを伴う検査になり、麻酔をかけて行います。
通常の血液検査では見ることのできない部分まで確認できるので、造血機能や血液疾患の原因、さらに腫瘍細胞の有無などが明確になるため、血液疾患の診断や治療法の選択・治療効果の判定において重要な検査です。

関節液採取・検査

関節液の成分や粘性、色調などを検査します。 この検査は痛みを伴わない検査であり、無麻酔で行います。 例えば、炎症が起こっている場合には関節液中に好中球が出現します。

各種 組織生検

組織生検とは、病変の組織を採取して、それを顕微鏡で調べる検査です。組織の場所によっては痛みを伴うので、麻酔をかけて生検します。この検査では、細胞診よりも病気を正確に診断できる確率が高くなります。 ①tru-cut生検:マッチ棒大くらいの組織を採材することができます。 ②パンチ生検:tru-cut生検よりさらに大きい組織を採材することができます。

内視鏡生検

内視鏡を用いて生検を行います。内視鏡処置は基本的に麻酔をかけて行います。

​CT・MRI画像の読影

CTやMRIの画像を見て、診断させていただきます。

クロスどうぶつがんセンター
HPはこちらから

〒134-0081 東京都江戸川区北葛西3丁目5-12モア・ノーブル1階

診療時間 日・祝
9:00 - 12:00
12:00 - 16:00 手術
16:00 - 20:00

※土日祝は18:00まで

当院は予約優先制とさせて頂いております。
予約なしの患者様も可能な限り迅速に対応させて頂きますが、予約の患者様と重なってしまった場合、そちらが優先になってしまうことをご容赦下さい。
予約に関しては、お電話もしくはメールにて対応させて頂きますので、お気軽に予約制度をご活用下さい。

03-6808-4591

年中無休

診療時間 9:00〜12:00/16:00〜20:00

お支払い方法について

当院では診療前にあらかじめ費用についてもお話しするとともに、会計時にも料金の詳細項目についてご説明させていただき、飼い主様にご理解・ご納得いただけるよう徹底しております。

ご利用いただけるクレジットカード

ご利用いただけるクレジットカード

取り扱いペット保険

取り扱いペット保険

動物病院クチコミサイト カルーペットに当院が掲載されました。
PAGE TOP